×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

どんな資格?ホームヘルパーって

訪問の介護や各種の施設で障害者や高齢者へ家事の介護や援助を行います。養成の研修には自治体や民間の
ものがあります。就職活動や転職活動にたいへん有利なのは2級以上の研修の修了者です。病気や高齢で
身体が不自由な方に対して、家事の介護や援助、相談の業務を行うお仕事です。洗濯、炊事、買い物などの
家事代行や、排泄、入浴の世話、ご家族からの介護に関する相談など、利用者への生活全般をサポートします。
各市町村のホームヘルプサービス事業や、特別の養護老人ホーム、民間の介護サービス企業などに所属するのが
一般的です。 ホームヘルパーは有資格職種ではないですが、就職では研修受講者を条件とする場合が多いです。

ニーズの高いホームヘルパー

ホームへルパーとは、訪問介護員ともいわれてるように、身体障害者や高齢者がいるご家庭を訪問して日常の
生活全般の援助を行っていく人材です。ここでいう援助といいますと、洗濯、買い物、掃除といった家事の援助
と、食事、排泄、着替え、入浴などの身体介護のことです。在宅のサービスや施設介護の職員などとして働く時
には、限られた時間の中で必要な援助を行うと同時に、医療とか保健などほかのセクションとの連携ができるよ
うに、利用者の状況を正確に理解することも必要になります。資格試験には1〜3級があり、資格を獲得するには
各都道府県や政令指定都市、市区町村、専門学校、民間団体が実施している養成研修を受講して、介護保険法に
基づいた研修課程を修了する。21世紀半ばには、日本国民の3分の1が65歳以上という超高齢社会を迎えるといわ
れているなかで、高齢者の自立した日常の生活を支援して、社会福祉サービス提供の欠かすことのできない
ホームヘルパー。在宅介護を希望する声に押され、ものすごく重要な役割を持つ人材の確保と増員が叫ばれています。

ホームヘルパーとしての心得

ホームヘルパーの在宅での介護は生活行動への援助であります。すなわち利用者にとってなくてはならない
ニーズの高い生活行為を代行することになります。介護の行為がスキル的に難易であるかなしかにかかわら
ずに、誠実で丁寧な態度と信頼性の高い援助を届けていく必要があります。それらの事を常日頃に心がけて
仕事をし、そしてプロ意識を持ってやりましょう。援助は医療、福祉、保険、看護などいろいろな専門職と
関わりを持つことになりますが、利用者の必要性を満たすことに重点を置き、目の前の介護活動に責任を
持って行いましょう。他の領域への責任転嫁はせずに、自分の行動には責任を持ちましょう。ホームヘルプ
利用者の方との信頼関係は、介護の援助をしていくなかで少しずつ作られます。利用者の立場になって考える
ことが非常に必要です。専門スキル、知識、福祉メニューを押し付けて信頼関係を崩すことのないように
ホームヘルプ利用者の方との信頼関係を崩すことなく時間をかけて信頼関係を少しずつ作り上げていきましょう。

Copyright © 2007 資格試験合格への道 ホームヘルパー編